車検のコバック松田 - 土日OK、1日車検、代車無料!秋田市の車検

車検のコバック
車検のコバック秋田飯島店・秋田八郎潟店

車検のコバック秋田飯島店  |  車検のコバック秋田八郎潟店

車検のコバック秋田飯島店・秋田八郎潟店
2020-09-28(月)
こんにちは(*^^*)

朝の雨とは打って変わって気持ちのよい秋晴れになりましたね☀

猛暑が過ぎて過ごしやすくなったお天気で
少しだけ遠出をする方も増えたのでないでしょうか?

お車で遠出をするときに気になるのが燃費ですよね。

今回は自動車の燃費についてお話します\(^o^)/


燃費は車の乗り方で大きく変わります。
この燃費の差があまり変わらなければ問題はないのですが、
徐々に悪くなるようであれば何処かにトラブルが起きている可能性があります。


燃費が悪くなる原因①

1つとしては、エンジンオイルの劣化です。
エンジンオイルは走行距離や一定期間で交換したり、
オイルの量が不足していなければ問題ないことは知っている方が多くいます。

みなさんも、車の本やテレビなどメディアを通じてよくご存知ではないでしょうか?

でも、交換時期を正しく理解して交換している人は・・・。
どうでしょうか?
エンジンオイルの働きと役目には、
部品の表面に膜を張り部品が抵抗を少なくして
滑らかに動きやすくする為に使用されています。


また、潤滑効果以外にもさらに気密効果・防錆効果・緩衝効果・冷却効果・清浄効果など本当にたくさんあります。

気密効果・・・シリンダーとピストンの間にはお互い接触しないようにわずかに隙間があり、
その隙間をオイルで埋めます。

防錆効果・・・エンジン内部の金属部品にオイルの膜を張り空気に直接触れるのを防ぎ錆止めをする事ができます。

緩衝効果・・・部品がぶつかる衝撃を緩めるクッションの役割をして部品の金属疲労を防ぎ長持ちさせます。

冷却効果・・・エンジンが回って高温になっている状態のシリンダーをオイルで熱を奪い、
外気にさらされているオイルパンで冷やしオイルを循環させることでエンジン全体を冷やしていきます。

洗浄効果・・・エンジン内をオイルが循環することで異物など取り除いていることになります。


エンジンオイルはとても重要な働きをしているんですね。

エンジンオイルの交換目安は走行距離で3,000㎞~5,000㎞位

距離が3,000㎞以下でも半年に一度は交換される事をおすすめ
いたします。



燃費が悪くなる原因②

タイヤの空気圧の変化によっても燃費を悪くする原因のひとつです。
空気圧が0.1kg/m低下すると燃費が1リットルあたり約0.3km悪くなるといわれています。
タイヤの空気圧の点検も1ヶ月~3ヶ月くらいで細目にチェックする事をおすすめします。


燃費が悪くなる原因③

普段からの運転の仕方により大きく燃費がかわる事、それは自動車の急発進や急加速です。

街中であれば交通量も多く信号が多い為、
急発進や急加速をしても到達時間はさほど変わらないので、
アクセルをゆっくり踏んでスムーズに発進するように心がけましょう。

急ブレーキも燃費を悪くする原因のひとつです。
急に減速するということはギリギリまでアクセルを踏んでいることになるのでガソリンを無駄にしていることになります。

また、高速走行では燃費が良くなりますが、車種によって燃費効率のよいスピードがある為、自分の車に合った速度で走ることがガソリンの低燃費に繋がります。


燃費が悪くなる原因④

エンジンの火花を飛ばす働きをするスパークプラグがあります。

最近では、10万km交換する必要のないプラグがありますが、
走行距離が少ないとスパークプラグの着火性能が低下している事があります。

もし、発進時に加速がスムーズじゃなく少し引っかかるような場合だとスパ-クプラグの摩耗の原因が考えられますので、摩耗していれば交換をおすすめします。




ご自身の愛車を大事にして頂くために、日ごろからのメンテナンスがいかに大切かを皆様が少しでも感じて頂ければ幸いです。


あとは、エコ運転の実行ですね!
これは毎日でも実施できますのでぜひ心掛けてもらえたら嬉しいです(*'ω'*)


お車のことで心配なこと、気になること・・・
些細なことでもぜひお気軽にご相談くださいね(^O^)/

前の記事 次の記事
ネットでかんたん見積り
ネットでかんたん予約
このページの先頭へ